CX-3の価格・グレード比較~おすすめはコレ!~

ディーゼルのみだからグレードが選びやすい!

CX-3には大きく分けて3つのグレードが用意されています。まずは価格とインテリア・エクステリア関連の装備の違いを比較してみます。

 

グレード名 価格 装備
XD 240万円~260万円(予想) -
XD ツーリング 250万円~270万円(予想) LEDヘッドランプ、18インチアルミホイール
XD ツーリング Lパッケージ 280万円~300万円(予想) (上記に加えて)本革シート

 

まず価格ですが、CX-5のディーゼル仕様ににくらべておおよそ40万円程度安くなることが予想されています。全グレード4WDがラインナップされており、その場合は約20万円アップとなりそうです。そのため最廉価グレードはXD/2WDの240万円程度。

 

装備に関しては、XDは16インチホイールなのに対し、 ツーリングから18インチアルミホイールが装備されるほか、Lパッケージはインテリアも本革シートにグレードアップ。プレミアム感が増します。

 

グレード選びのポイントは安全装備!

 

確かにグレードを上げるとプレミアム感が出ますが、走行性能にはそれほど大差はありません。それよりも、グレード選びで重要となるのは安全装備です。まずグレードによる安全装備の違いを見てみましょう。

 

安全装備 搭載グレード
マツダ・レーダークルーズコントロール XDツーリングLパッケージ(XDツーリングはオプション選択可)
車間認知支援システム&前方衝突警報システム XDツーリングLパッケージ(XDツーリングはオプション選択可)
スマート・ブレーキ・サポート XDツーリングLパッケージ(XDツーリングはオプション選択可)
スマートシティ・ブレーキ・サポート 全グレード
AT誤発進抑制制御 全グレード(MTは除く)
ブラインド・スポット・モニタリング XDツーリング、XDツーリングLパッケージ(XDはオプション選択可)
ハイ・ビーム・コントロールシステム XDツーリングLパッケージ(XD、XDツーリングはオプション選択可)
車線逸脱警報システム XDツーリングLパッケージ(XD、XDツーリングはオプション選択可)

 

以上を見てわかる通り、まずXDツーリングLパッケージはすべての安全装備が搭載されています。XDツーリングに関しても、オプション追加をすればすべての安全装備が可能となります。

 

一方、XDは「クルーズコントロール」「車間認知支援システム&前方衝突警報システム」「スマートブレーキサポート」が選択できません。とくに前方衝突警報システムやスマートブレーキサポートは最近さまざまな車種に採用されている流行の安全装備で、安全面を考えればぜひ欲しい機能なので、選択できないのは痛いです。

 

Lパッケージは高価なので選択するのは厳しいかもしれないので、XDツーリングを選択してオプションで必要な安全装備を追加するというのが無難だと思われます。