CX-3の安全性能・装備をチェック!

CX-3の「i-ACTIVSENSE」を徹底的にチェック!

今や安全機能はなくてはならない存在となっています。自動車のCMでは自動ブレーキやクルーズコントロールのアピールがひんぱんに行われており、ドライバーの安全意識もグッと高くなっています。そのため、安全機能が乏しい車種は売れ行きが落ちる傾向があるほどです。

 

では、CX-3はどうでしょうか。マツダも近年安全機能には力を入れており、多数の安全装備が搭載されています。ここではその装備と、グレードごとの状況についてチェックします。

安全機能の詳細

 

CX-3には、マツダの安全テクノロジー「i-ACTIVSENSE」が搭載されています。まずはその詳細を確認していきましょう。

 

マツダ・レーダークルーズ・コントロール(MRCC)

 

ミリ波のレーダーを照射することで、前の車との速度差や車間距離を計測。そのデータをもとにエンジンの回転数やブレーキをコントロールする最先端のクルーズコントロールです。追従可能な速度は30~100km/hとなっており、高速道路だけでなく一般道でも安全な車間距離を自動的に保つことができます。

 

車間認知支援システム(DRSS)&前方衝突警報システム(FOW)

 

DRSSは、ミリ波レーダーで算出された車間距離を運転席のメーターディスプレイに5段階で表示されるシステム。車間が近すぎるとアイコンを点滅させて警告します。車間距離がさらに近くなると、FOWが動作して警告音と警告表示を行います。追突防止につながる重要な機能です。

 

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)

 

15km/hで走行中、前を走っている車や前方の障害物をレーダーで検知し、近づくと警報を鳴らします。さらに近づくと自動的に2段階のブレーキコントロールが行なわれて衝突回避やダメージ軽減が行なわれます。CX-3の場合、ミリ波レーダーのみでなく単眼カラーカメラも搭載されており、さらに精度が増しています。

 

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS F)

 

約4~30km/hの速度のときに作動するシステム。市街地や渋滞中で速度が遅いときに追突事故を防ぐ機能です。従来の自動車だと雨の日は動作が鈍ったりしていましたが、CX-3の場合雨や逆行にも強く、赤外線センサーによって前方6メートルまで認識することができます。

 

AT誤発進抑制制御(前進のみ)

 

10km/hほどで走行中、もしくは停車しているときに、障害物が前にあるのにアクセルを踏んでしまったときに作動します。通知音とメーターの表示で警告しつつ、出力を抑えて急加速しないようにします。

 

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)

 

準ミリ波レーダーを使い、後ろや側部の視覚から近づく車両を認識します。15km/h以上で走行中に作動し、車両がいるのにウィンカーを出すと警告音が鳴ります。バック中に左右から近づく車両を検知するリア・クロス・トラフィック・アラートも搭載されています。

 

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)

 

ハイビームとロービームを自動的に切り替えます。通常時はハイビームとなり、先行車がいたり、前方から対向車がきたときにレーダーで検知してロービームに切り替えます。また、市街地など明るい所を走っていたり、20km/h以下で走行中は自動的にロービームとなります。

 

車線逸脱警報システム(LDWS)

 

単眼カラーカメラで車線を認識し、はみ出す可能性があるときは警報が鳴ります。もちろんウィンカーを出して車線変更する際は警報がならないような機能も搭載されており、運転の邪魔にはなりません。

 

このように、CX-3には安全機能がこれでもかと搭載されており、昨今の安全性能重視のブームにしっかりと対応した形になっています。

 

どのグレードにどの機能が搭載されるの?

 

安全機能名 XD XDツーリング XDツーリングLパッケージ
マツダ・レーダークルーズ・コントロール × △(オプション追加可)
車間認知支援システム&前方衝突警報システム × △(オプション追加可)
スマート・ブレーキ・サポート × △(オプション追加可)
スマート・シティ・ブレーキ・サポート
AT誤発進抑制制御
ブラインド・スポット・モニタリング △(オプション追加可)
ハイ・ビーム・コントロールシステム △(オプション追加可) △(オプション追加可)
車線逸脱警報システム △(オプション追加可) △(オプション追加可)

 

グレードごとの安全機能搭載状況は以上のとおりとなります。XDツーリングLパッケージであれば、全機能が標準装備となるためどの装備があるのか考える必要はありません。

 

XDツーリングの場合、オプション追加も含めれば全機能が利用できます。なので必要な機能だけを選んで付けたい場合は、XDツーリングを選んだ方が安上がりな場合があります。

 

問題はXDです。最廉価モデルとはなりますが、クルーズコントロールや車間認知支援システムなどが選択不可能となっており、オプションでも選択できません。車体価格は安いですが安全機能を考えると選択肢からは外れるでしょう。

 

また、ブラインドスポットモニタリングなどもオプション追加が必要となるため、車体価格は安いですが、いろいろオプション追加をするうちに上位グレードと変わらない値段になってしまう可能性があります。それであれば、はじめからXDツーリング以上のグレードを選択したほうがインテリアなどが豪華になる分よい、ということもあるでしょう。